作業工程

普段はほとんど見ることのない、「お墓のできるまで」を簡単にご紹介いたします。
1つ1つの行程に、自信をもって作業しております。

1.石の採掘・荒加工

重機などで岩を崩して採掘し、その石材を適度な大きさに荒く切り、加工しやすくしておきます。

2.加工

機械で荒く削りだしたものを、グラインダーやダイヤモンドカッターで余分な部分を削り落としていきます。

3.研磨

最も時間を費やすのが磨きの作業です。
大きく平らな面は機械で、
小口と呼ばれる小さな面はポリッシャーや砥石などを使い、手作業で磨かれます。

4.字彫り

専用の細かい砂を、コンプレッサーからの圧力で細いノズルから噴射して削り出してゆきます。 サンドブラストやノミで字彫り、字さらいします。

5.施工

古いお墓を壊し立て直す場合は、魂抜きをし、骨は1つ残らず丁寧に掘り起こします。
地盤をしっかり造り、整地し、傾きが出ないよう基礎枠を作ります。
基礎が固まったら、パーツを組み立て、目地を綺麗にコーキングし仕上げていきます。